父親に懲役3年の実刑判決

 一九九六年一一月、長男(当時一四歳)を金属バットで殴るなどして、殺人罪に問われた父親(五三)にたいし、東京地裁は四月一七日、懲役三年の実刑判決(未決勾留日数四〇〇日を刑に算入。求刑懲役五年)を言いわたした。この事件は、東大卒の学歴をもち、出版社やアルコール依存症のデイケアで働いた経験もあるまじめな人柄と見られる父親が、なぜ長男を殺すことになったのか、長男はなぜ家庭内暴力をくりかえすようになったのか、この悲劇を防ぐにはどうしたらいいのかなどについて、裁判所がどこまで踏みこんだ判断を示すか注目を集めた。

 認定した事実 被告人は、中学一年生ころ始まった長男の家庭内暴力に悩み、本を読むなどして、暴力に抵抗せずに要求を受け入れて改善しようとした。暴力が原因で娘と妻が順次別居、九六年六月ころから長男と二人暮らしに。九月ころ「自分か妻が殺されるかもしれない」「自分が長男を殺すかもしれない」と思い悩み、金属バットを購入。一一月五日夜長男に殴られ、翌朝起こすよう指示されたが、翌六日午前七時過ぎ、寝ている長男の頭を金属バットで殴り、なわとびロープで首をしめて殺害した。

 弁護側は、父親は、長男の暴力を受け入れ、耐えつづけることによって、複雑型PTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥り、長男の暴力から離れることができない心理的に強くしばられた状態になり、犯行当時は追いつめられて、苦しさから逃れるため、ほかの方法を選択する判断能力が非常に低下した心神耗弱(しんしんこうじゃく)状態で、完全な責任能力がないとして、刑の軽減を主張した。

 判決は、父親が転職して余裕をつくり、長男との意志疎通に多くの時間をさき、専門家に相談するなど「長男の苦しみを自分のものとしてともに生きようと」努力した。しかし、長男はいっこうに改善するきざしがみえず、当時ほとんど一人で長男の暴力を受けとめていた父親の苦しみは本人でなければ実感できないほど大きく、苦しみから逃れようとした犯行動機には同情すべきであるとしたが、他方で、弁護側主張の複雑型PTSDを認めず、長男を改善する父親としての責任感と、「要求に従うのもそのためのひとつの技術」という専門家の助言に納得して「主体的に長男の要求に従った」もので、当時、判断能力がある程度低下していたことは否定できないが、冷静で計画的な犯行だとし、心神耗弱を否定した。

 子どもの家庭内暴力がなぜ起こり、どうすればいいのかについては、判決は、長男は感受性が強く、中学校進学後は将来への不安感が高まり情緒不安定になっていたことなどを指摘するにとどまり、家庭内暴力の原因は不明で、父親に落ち度は認められないとしつつ、対応としては、暴力のエスカレートをおさえるため、専門病院、施設への入院、入所や「規制的な力の援助」を求める、一時的に子どもから離れて経過を見守るなどの方法を例にあげた。
 この点は、弁護側も家庭内暴力の原因が親の養育態度にあるとは考えられないとし、子どもの暴力から離れることができない親を暴力から分離するため、子どもを精神病院などに入院させるなどの社会的な援助の不十分さを主張した。

 突然一方的に親の手でいのちを奪われた長男の家庭内暴力にいたる不安や苦悩については、裁判ではほとんど具体的に語られず、理解されなかったこと、その理解がないままに、子どもを精神病院や施設に収容する対応策が提訴されていることなど、判決は大きな問題を残した。

 注 複雑型PTSD(心的外傷後ストレス障害)
 アメリカの精神医学者ジュディス・L・ハーマンは、強制収容所、児童虐待、家庭内暴力など長期間反復してストレスが与えられる場合に生じる人格の変化・解体・解離などの障害を複雑型PTSDとした。

解説「問題解決にならない判決」

 この裁判のおもな争点は、犯行動機と責任能力である。検察官は「将来を悲観」としたが、弁護人は、長期間長男の暴力を受けつづけ、複雑型PTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥った父親が、追いつめられた苦しさから逃れるための犯行だとして、心神耗弱を主張した。

 判決は、追いつめられた状況での判断力の低下を認めながら、冷静で計画的な犯行であるとして心神耗弱を否定したが、論理的な一貫性に疑問が残る。
 弁護人の主張も判決も、長男の家庭内暴力の「被害者」であった父親が追いつめられて加害者に転じたという論理で一致している。

 その論理から、この悲劇を防ぐ方策として、子どもを治療対象として、精神病院や施設に収容し、親を暴力から分離する必要が主張されている。検察官は、論告のなかで、長男を精神病院に入院させることが家庭内暴力治療の唯一の方法とさえ断定した。

 この論理は、家庭内暴力の原因が子どもにあることを前提とするが、その前提を疑う必要がある。家庭内暴力が始まるまでの状況はこれまで明らかではないが、たとえば、小学校当初学校へ行くのをいやがった長男が、結局六年間無欠席、発熱があっても学校へ行くようになった事実は、過剰適応ともいえるのではいか。親の内なる学校信仰や社会的圧力が、彼の学校への過剰適応や本音は行きたくないのに、学校にこだわる葛藤を生じさせたことが家庭内暴力の要因になったとは考えられないか。

 弁護人は、父親が長男の暴力を受け入れることが、わが子を改善する「技術」だと考え、親の役割を果たしているという安心感をもてたと主張した。ここには、自立と依存のあいだで悩む思春期の長男の心を理解するより、「技術」で長男をコントロールしようとしたり、「長男に必要とされることを必要としている」かたちの共依存関係で父親が暴力を支え、いっそう子どもを追いこみ、すさませてしまった関係の問題も見えるのではないか。

 この裁判は、子どもの心が理解されず、家庭内暴力の発生のメカニズムも解明されないまま、安易に子どもを治療対象として施設など収容の必要が言われているところに大きな問題を残したと思われる。(多田元)

全国不登校新聞社のHPはこちら