不登校新聞

456号 2017/4/15

うちの子、何考えているの?

2017年04月13日 17:53 by koguma


 お花見シーズンの到来です。私も先週末に計画していたのですが、東京は土砂降りの雨と強風。いやはや、雨男のつらいところです。

 さて、不登校には季節とは関係ない親の悩みというものがあります。「うちの子が何を考えているか、さっぱりわかりません。子どもの本音を知るすべはないでしょうか」。いわゆる「うちの子、何考えてるの?」問題です。

子どもが本音を 言わない理由は


 子どもはなぜ親に自分の気持ちを話さないのでしょうか。それとも話せない理由が何かあるのか。不登校経験者に取材するとき、私はこの点についても聞くようにしています。

 まず前提として、学校や将来のことを考えていない子どもはいません。ほとんどの子どもが「学校に戻らなきゃ」と考えているし、将来への不安で毎日葛藤しています。そもそも気持ちが落ち着いていない段階で言葉にすることは難しいですし、言葉にできるからといって即座に話すかと言えば、それはまた別問題。

 では、子どもにとって本音を話しづらい理由とは何か。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...