不登校新聞

458号 2017/5/15

ひきこもり、親はどうすれば? 経験者の返答

2017年05月12日 15:18 by kito-shin


連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.8

 ひきこもりの子どもに対して「親はどうしたらいいのでしょうか?」と聞かれれば、「わかりません」と答えるしかありません。

 難しい質問です。

 私には子育ての経験がないので、必然的にひきこもり経験者の立場から見れば、どうしてほしかったかということになると思いますが……。私が家を出てから、母も「自分の子育てがまずかったのでは」と思い、親子関係講座みたいなものに通ったようです。そして「申し訳なかった」という言葉をかけてくれました。私としてはその言葉を聞いてだいぶ精神的に楽になりました。しかし、なんとなくピントがズレているようにも感じました。

 母も私を苦しめようとして、またひきこもらせようとして私を育てたわけではありません。母は母なりによかれと思ったことを一所懸命やってくれたのだと思います。しかしそれが結果的にはひきこもる要因のひとつになっていました。

 問題だったのは、「この子のために…」です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...