不登校新聞

476号 2018/2/15

公的機関における支援 不登校の歴史vol.476

2018年02月13日 12:17 by kito-shin



 「フリースクール等に関する検討会議」の第2回は、2015年2月27日に開催され、学校以外の学び・育ちのうち、公的機関の取り組みが紹介された。福岡・京都の実践につづき、長野県辰野町から中間教室「わたげ」(適応指導教室)についての発表があった。

 ここは、町立図書館の2階会議室を活用し、午前9時から午後5時開室、希望があれば町外からも受けいれる方針を持っていた。

 教室の役割として、安心してすごせる空間でありたい、巣立った子どもにとっても相談場所、ほっとできる場所でもありたい。しかし、切れがちな学校とのつながりは切れないようにしたい、という考えでやっていて、卒業後も絆が強いらしく「集まり会」を開いているという。

 町全体で小中6校の全不登校数が10名という小規模地域の取り組み事例だった。個別学習エリアや余暇エリアも手づくりで臨機応変に変更でき、子どものオーダーメイドで行なうなど、あたたかみが感じられた。

 つぎに、仙台市適応指導センター「児遊の杜」「杜のひろば」の活動が発表された。児童生徒数は2013年度でいうと小中あわせて182人という大規模な取り組みで、市の不登校対策事業として行なっているものだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...