不登校新聞

476号 2018/2/15

不登校経験者80人の体験談から考える「卒業式」の乗り切り方

2018年02月14日 11:57 by koguma



 「卒業式」は不登校にとって、鬼門ともいうべき学校行事の一つです。「式典には出ますか?」「卒業アルバムの写真はどうしますか?」という学校からの確認に頭を抱えているご家庭もあるかもしれません。また、「最後ですから、来てみませんか」という「有終の美」をちらつかせる担任の言葉に、親の気持ちが揺らぐなんて話もよく聞きます。

経験者の声は

 結論から言いますと、卒業式でもっとも大事なのは、子どもの自己決定です。「最後だから」という大人の理屈でやりすごそうとするのは、あまりオススメできません。

 本紙では以前、不登校経験者80人を対象に、卒業式に関するアンケートを実施しました。興味深いのは「卒業式に出席(または欠席)してよかったか?」という質問に寄せられた回答です。

 出席者の回答でもっとも多いのは「出席してよかった」だろうと思いきや、「どちらとも言えない」と答えた人が4割以上と最多だったのです。「後悔したくないと思って出てみたが周囲の対応に傷ついた」「卒業式を体験できたのはよかったが居心地は悪かった」という意見が寄せられました。

 一方で、欠席者のうち「欠席してよかった」と答えたのは8割を超え、「出席すればよかった」と言う人は1割に満たなかったのです。

 子どもの気持ちは日々揺れ動きますので、昨日まで「行く」と言っていたのに、今日になって「行かない」と言いだすこともあります。無責任だと親の目には映るかもしれませんが、どちらも偽りなき子どもの本音です。親にできることは、「出るか出ないか」という二者択一を子どもに促すのではなく、「今この瞬間」の子どもの自己決定を、その都度、受けとめてあげることだと思います。

 補足ですが、義務教育において出席日数は卒業要件ではないため、1日も行かなくても、校長裁量で卒業はできます。

 また、子どもが卒業式に出たいと言う場合も、行事としての式典にこだわる必要はありません。本紙アンケートでも、出席者の半数が、①「校長室で」②「教室で」③「自宅で」など、特別なかたちでの卒業式を経験していました。そういうカスタマイズが可能かどうかを学校に問い合わせてみるのも一つの手段です。(『不登校新聞』東京編集局・小熊広宣)

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...