不登校新聞

479号 2018/4/1

<弱さ>は私たちの動因説 『弱いロボット』著者・岡田美智男

2018年03月28日 13:48 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.18

 なんだか情けない話だけれど、この歳になっても「自分に自信が持てない」ということは多い。ちょっとした文章をまとめるのでも、「だれかに叱られやしないか、軽蔑されてしまうのでは」と、しばらく手がとまってしまう。

 あるいは人前であいさつしようとしても気の利いた言葉が出てこない。「あれっ、どうしよう」と、しばらく沈黙してしまい、よりバツの悪い思いをしたりする。引き受けるんじゃなかったと後悔しても、後の祭りなのだ。そんなときにかぎって、ほかの人のあいさつがやけに立派なものに思える。どうして、こんなに堂々とした話ができるのか。競いあっていたわけではないけれど、とてもかないそうにない。

自分だけがヘン?

 よくよく考えれば、学生時代や就職してからも、大なり小なり、こうした「劣等感」に苛まれたものだ。自分とほかの人とのあいだで、どうして能力の差が生まれるのか。自分だけがいつも見劣りするのはなぜなのか。

 それからしばらくして、ある書物のなかの、何げない言葉が目に留まった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

509号 2019/7/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...