不登校新聞

479号 2018/4/1

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

2018年03月29日 10:29 by kito-shin



 せめて高校は出ておかないと。そう考えているのは、親ばかりではありません。子どもも同じです。

 ただし「学校に通うのはどうしてもつらい」と話す子どももいます。その場合、「高卒資格」を取ることはあきらめなければいけないのかというと、そうではありません。「高等学校卒業程度認定試験」(以下、高認)を受けるという道があるんです。

「高認」 ってどんな試験?

 「高認」とは、文科省が実施する試験で、夏と秋に年2回実施されています。受験資格は「満16歳以上になる人」と、いたってシンプル。しかも、全日制高校などに在籍している場合でも受験可能です。

 国語や数学など全13科目のうち、所定の試験に合格することにより、高校卒業者と同等の学力があると認められます。

 それにより、大学や専門学校の受験資格が得られるほか、就職や資格試験などにも活用することができます。いわば「高卒“同等”資格」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「なにをしたいかわからない」ときはどうすれば?

196号(2006.6.15)

不登校している中学生を持つ方へ 高校進学の選択肢と2つのタブー

494号 2018/11/15

「学校へ行かないと罰せられる?」弁護士が回答

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...