不登校新聞

479号 2018/4/1

保護者が「ふだんの授業」を見られない理由【別室登校中の14歳手記】

2018年03月28日 15:00 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.9

 これまで小学校に通い、いろんな目にあってきたなかで、学校に対して何かうさんくさいものを感じるようになっていました。そのうさんくささの最たるものが、授業参観でした。

 授業参観のときに先生は、生徒に対する態度がふだんと真逆になるのです。いつもは生徒を「おい、〇〇」と呼び捨てにしているのに、授業参観では、優しく「〇〇さん」と呼ぶなど。また、事前にしっかり授業内容を練っておいたり、大掛かりな教材をわざわざつくってくるとか。ふだんではありませんね。ふだんからやっておいてほしいことですけどね。授業についていけていない生徒にも、いつものように叱ったりすることもなく、授業参観のときにかぎっては「大丈夫? ここわかる?」と声をかけるなど、手厚くフォローしてくれます。

 いつもは黒板に殴り書きのように書いている先生が、授業参観ではとてもていねいで読みやすく書いてくれたりします。本当は、先生に「汚いので読めません」とか「わかるように書いてください」とふだんから私も言いたいのですが、逆に怒られそうで言えません。やればできるのですから、いつもきれいな字を書いてくれればいいのにと思ってます(笑)。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

1年間、連載を続けて私が私に思うこと【別室登校中の14歳手記】

494号 2018/11/15

別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

493号 2018/11/1

初めて学校が楽しいと思った日が一変した「ジャックダニエル事件」【別室登校中の14歳手記】

492号 2018/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...