不登校新聞

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

2018年04月02日 11:43 by kito-shin



 民間有志で発足した「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」は3月8日に記者会見を行ない、ブラック校則や不適切指導に関する調査結果を発表した。今回の調査は、10代から50代までの男女2000人、現役中高生を持つ保護者2000人、合わせて4000人を対象に実施。中学・高校時代に受けた理不尽な指導について年代ごとに見ると、減少しているものから、近年増加傾向にあるものなどの変化も見られる。

年代の変化は

 「中学時の理不尽な指導」を見ると、▽強く叩かれた▽廊下に立たされた▽授業中に正座をさせられた、などは、40代・50代に比べ、10代では経験者が少ないことがわかる。

 一方で、▽人前で成績を難じられた▽身体を性的に触られた、などは10代のほうが多く経験している。また、▽下着の色をチェックされた▽髪の毛を切ったり染めるよう求められた▽部活を辞めさせてもらえなかった、などは、全世代を通じ、10代がもっとも多く経験していた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...