不登校新聞

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

2018年04月02日 11:43 by kito-shin



 民間有志で発足した「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」は3月8日に記者会見を行ない、ブラック校則や不適切指導に関する調査結果を発表した。今回の調査は、10代から50代までの男女2000人、現役中高生を持つ保護者2000人、合わせて4000人を対象に実施。中学・高校時代に受けた理不尽な指導について年代ごとに見ると、減少しているものから、近年増加傾向にあるものなどの変化も見られる。

年代の変化は

 「中学時の理不尽な指導」を見ると、▽強く叩かれた▽廊下に立たされた▽授業中に正座をさせられた、などは、40代・50代に比べ、10代では経験者が少ないことがわかる。

 一方で、▽人前で成績を難じられた▽身体を性的に触られた、などは10代のほうが多く経験している。また、▽下着の色をチェックされた▽髪の毛を切ったり染めるよう求められた▽部活を辞めさせてもらえなかった、などは、全世代を通じ、10代がもっとも多く経験していた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...