不登校新聞

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

2018年04月02日 11:43 by kito-shin



 民間有志で発足した「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」は3月8日に記者会見を行ない、ブラック校則や不適切指導に関する調査結果を発表した。今回の調査は、10代から50代までの男女2000人、現役中高生を持つ保護者2000人、合わせて4000人を対象に実施。中学・高校時代に受けた理不尽な指導について年代ごとに見ると、減少しているものから、近年増加傾向にあるものなどの変化も見られる。

年代の変化は

 「中学時の理不尽な指導」を見ると、▽強く叩かれた▽廊下に立たされた▽授業中に正座をさせられた、などは、40代・50代に比べ、10代では経験者が少ないことがわかる。

 一方で、▽人前で成績を難じられた▽身体を性的に触られた、などは10代のほうが多く経験している。また、▽下着の色をチェックされた▽髪の毛を切ったり染めるよう求められた▽部活を辞めさせてもらえなかった、などは、全世代を通じ、10代がもっとも多く経験していた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

506号 2019/5/15

少年法の適用年齢引き下げに反対 愛知県弁護士「文化の破壊」

505号 2019/5/1

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...