不登校新聞

272号(2009.8.15)

Q&A「子どもが離れない」

2014年02月13日 12:25 by 匿名
2014年02月13日 12:25 by 匿名


Q.小6の男の子ですが、1学期は不登校でした。9月1日より再登校を考えていますが、子どもが自分から離れません。なんとかこの癖だけでも夏休み中に解決しないと、2学期になっても登校できないのではないかと母親としては不安です。どうしたらいいでしょう? (本紙読者)



 A.不登校をしている子どもが母親から離れないという状態は、しばしばあることなのです。親の会でも、ときどき話題になりますが、ひどい場合にはトイレにまでついてくるとか、「着替えたいのでドアの外で待っていて」と言っても聞かないなどの話も出ます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「僕には何もない」大学卒業を控えて焦る不登校経験者に専門家がかけた言葉

593号 2023/1/1

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…