不登校新聞

232号(2007.12.15)

『POSSE』集会を開催

2014年12月11日 14:20 by 匿名


 若者の労働問題にとり組むPOSSEが東京・恵比寿にて07年11月18日、シンポジウム「脱企業社会~新しいライフスタイルを求めて」を行なった。

 POSSEでは昨年度、若者が置かれた労働環境について「若者のしごと3000人調査」という街頭調査を行なった。引き続き、今年度に実施された街頭調査では500人から回答を得た。今回の調査では、職場での悩みの有無や結婚観などといった雇用や生活意識の実態について調査を行なった。

 今回の調査結果で注目すべきは、仕事に対する「やりがい」についてである。非正規社員で7割、正規社員で8割以上の若者が現在の仕事に「やりがい」を感じているという結果が出た。非正規社員は「感謝、承認、貢献、接客」といった事柄にやりがいを感じる傾向が強く見られる一方、正規社員は「意見が通る、責任感、充実感、達成感」といったことから「やりがい」を感じているという結果が見られた。双方とも仕事に「やりがい」を感じているが、その中身が質的にちがうということが明らかになった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...