不登校新聞

232号(2007.12.15)

『POSSE』集会を開催

2014年12月11日 14:20 by nakajima_


 若者の労働問題にとり組むPOSSEが東京・恵比寿にて07年11月18日、シンポジウム「脱企業社会~新しいライフスタイルを求めて」を行なった。

 POSSEでは昨年度、若者が置かれた労働環境について「若者のしごと3000人調査」という街頭調査を行なった。引き続き、今年度に実施された街頭調査では500人から回答を得た。今回の調査では、職場での悩みの有無や結婚観などといった雇用や生活意識の実態について調査を行なった。

 今回の調査結果で注目すべきは、仕事に対する「やりがい」についてである。非正規社員で7割、正規社員で8割以上の若者が現在の仕事に「やりがい」を感じているという結果が出た。非正規社員は「感謝、承認、貢献、接客」といった事柄にやりがいを感じる傾向が強く見られる一方、正規社員は「意見が通る、責任感、充実感、達成感」といったことから「やりがい」を感じているという結果が見られた。双方とも仕事に「やりがい」を感じているが、その中身が質的にちがうということが明らかになった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...