不登校新聞

232号(2007.12.15)

初の自殺対策白書刊行

2014年12月11日 13:59 by nakajima_
 政府は、昨年06年6月に成立した自殺対策基本法に基づく初の「2007年版自殺対策白書」を決定した。

 白書は警察庁の統計で年間自殺者が9年連続で3万人を超える現状を分析。背景にあるとみられる多重債務、長時間労働、失業などの社会的要因を踏まえ、「生きやすい社会の実現に向け、社会全体でとり組んでいかなくてはならない」と訴え、政府や民間のさまざまな対応策を取り上げた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

506号 2019/5/15

少年法の適用年齢引き下げに反対 愛知県弁護士「文化の破壊」

505号 2019/5/1

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...