不登校新聞

232号(2007.12.15)

ひきこもって広がる景色

2014年12月11日 16:05 by nakajima_


今回取材したのは金子憲司さん(45歳)。これまでの経緯とひきこもりから得たものがなんだったのか、その点についてうかがった。

 金子憲司さん(45歳)、現在無職。求職活動もしていない。

 高校卒業後に10年間のひきこもり生活に入る。27歳のとき、アルバイトを始め、つぎに勤めた写真屋では、正社員として8年間勤め、離職。その間、一回目の結婚をした。それから約10年間ほどは、転々とフリーターを続け、ときに親の援助も受けながら、生活をやりくりしてきた。今年、2月末にも10カ月間、働いた職場を辞職した。現在の生活費は再婚者のお連れあいの給料(15万円~20万円弱)と、貯金を使いながらまかなっている。子どもがいないとはいえ、二人で15万円からの給料では厳しい。ただ、持ち家であることが、すこし生活の負担を減らしている。先行きは不透明だが、不安は感じていないらしい。そうした心境には、ひきこもりが関連している。

 「なぜ、ひきこもっていたのかを説明するのは難しいんだけど、父親のことが大きかったと思う」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...