不登校新聞

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

2018年04月12日 15:14 by hayashi-kyoko



 「春愁」。春の日のもの思い、春に感じる哀愁(出典・新明解四字熟語辞典)。毎年春になるとなんとなくもの哀しい気分になります。高校で不登校になった私にとって、今のところ人生最後の卒業式は中学校の卒業式です。中学はとても楽しく、勉強も友だちとの関係も充実したものでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

保護者の体験も国の会議へ 不登校の歴史vol.480

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...

477号 2018/3/1

ラジオやテレビ、音楽活動などで幅広く活躍する宇多丸さんにお話をうかがった。...