不登校新聞

480号 2018/4/15

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

2018年04月12日 15:12 by koguma



 大阪と兵庫にある2つのNPO法人が『不登校のためのハンドブック2018年版』を発行しました。本冊子には、大阪府内と兵庫県内にあるフリースクールや親の会といった不登校関連の支援団体がまとまっています。

 「フリースクールの見学を考えている」「子どもの不登校のことで相談したい」という場合、本冊子があると非常に便利です。

 大阪府の場合、フリースクールが21団体、親の会が30団体掲載されています。兵庫県の場合、それぞれ8団体と11団体が紹介されています。しかも、紹介欄にQRコードがついており、スマホがあれば、ササッと団体のホームページに飛べるようになっているあたり、便利な配慮がされているなと感じます。

 また、適応指導教室や不登校のための宿泊体験施設なども紹介されており、合わせて150団体以上の情報が掲載されているというボリューム感もありがたいところです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...