不登校新聞

480号 2018/4/15

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

2018年04月12日 15:12 by koguma



 大阪と兵庫にある2つのNPO法人が『不登校のためのハンドブック2018年版』を発行しました。本冊子には、大阪府内と兵庫県内にあるフリースクールや親の会といった不登校関連の支援団体がまとまっています。

 「フリースクールの見学を考えている」「子どもの不登校のことで相談したい」という場合、本冊子があると非常に便利です。

 大阪府の場合、フリースクールが21団体、親の会が30団体掲載されています。兵庫県の場合、それぞれ8団体と11団体が紹介されています。しかも、紹介欄にQRコードがついており、スマホがあれば、ササッと団体のホームページに飛べるようになっているあたり、便利な配慮がされているなと感じます。

 また、適応指導教室や不登校のための宿泊体験施設なども紹介されており、合わせて150団体以上の情報が掲載されているというボリューム感もありがたいところです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...