不登校新聞

480号 2018/4/15

「ひきこもりのもっさい女性は排除されてないか」説

2018年04月12日 15:12 by shiko



連載「仮説なんですが…」vol.19

 わたしの友人が最近ある種の動画にはまっている。どんな動画かといえば、おしゃれとは言いがたいグダグダで「もっさい(もさい)」(魅力がないわけではない……と僭越ながら私は思う)男性たちのひきこもっているようすや趣味、主張などなどが放送されているものである。

 わたしはそれらを見ながらふと思った。

 「女性で、自分のもっさいグダグダな生活をそのまま放送することって、あんまりない気がする」。

 You Tubeで検索をかけてみると編み物やお化粧のやり方などをアップした女性による動画は多い。不登校の子どもについてならば男女問わず朝起きられない、パジャマで家をウロウロするなどのイメージは容易に連想されるし、それなりに子どもの場合は、男女ともども、もっさくグダグダなただずまいが周知されてる気がする。

 しかし、大人の女性のひきこもりだとどうだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...