不登校新聞

480号 2018/4/15

どん底の時期、ラップのリリックに支えられた【不登校経験者手記】

2018年04月12日 15:13 by motegiryoga



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.14

 私がどん底にいたとき、光を見せてくれたのはラップです。憧れのラッパーはステージの真ん中でスポットライトを浴び、輝いていました。私はステージに上がる勇気なんてなく、私にとって風呂場がステージ、シャワーがマイク、一筋の光明がスポットライト、そして、鏡に映る自分自身がオーディエンスでした。そんなとき、憧れのラッパー「R-指定」さんにインタビューをする機会が訪れました(本紙445号)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...