不登校新聞

480号 2018/4/15

どん底の時期、ラップのリリックに支えられた【不登校経験者手記】

2018年04月12日 15:13 by motegiryoga



連載「どん底のときに支えられたもの」vol.14

 私がどん底にいたとき、光を見せてくれたのはラップです。憧れのラッパーはステージの真ん中でスポットライトを浴び、輝いていました。私はステージに上がる勇気なんてなく、私にとって風呂場がステージ、シャワーがマイク、一筋の光明がスポットライト、そして、鏡に映る自分自身がオーディエンスでした。そんなとき、憧れのラッパー「R-指定」さんにインタビューをする機会が訪れました(本紙445号)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校が倍増する中1ギャップ 15歳当事者が語る「4月の学校」

480号 2018/4/15

学校にも家にも居場所のなかった私がフリースクールをつくるまで【Riz代表 中村玲菜】

480号 2018/4/15

中学は1日も通っていませんが、働くうえで困ったことはありません【不登校経験者が語る】

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...

477号 2018/3/1

ラジオやテレビ、音楽活動などで幅広く活躍する宇多丸さんにお話をうかがった。...