不登校新聞

480号 2018/4/15

働きたいけど働けない、当事者が抱える本当の心理とは【不登校・ひきこもり相談員の答え】

2018年04月12日 15:11 by shiko



連載「決まり文句の研究」vol.9

 ひきこもり状態の人は「社会に戻る/戻らないで葛藤している」とよく言われます。不登校状態の場合に「学校に行く/行かないで葛藤している」と言われるのと同じです。たしかにそうなのですが、その内容をもう少しくわしく見ていく必要があると思います。

 ほとんどの当事者は「ふつうの人間になりたい」「人並みの人生を送りたい」という意識を持っています。そのため、心のなかでは「社会復帰・就労しなければならない」と自分を叱咤し、周囲に「就職活動をする」「資格を取るために勉強する」「学校へ行きたい」と公言することも少なくありません。私はこうした意識を『願い』と呼んでいます。

 ところが多くは『願い』から発せられるその発言を実行に移したり、就労支援または就労をゴールとする支援を自ら進んで受けようとはしません。

 なぜでしょうか。

 私は、「就職活動をする」という言葉のあとに、言葉にはならない「続き」があると推測しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者の支えになる「決まり文句」は何か【不登校・ひきこもり相談員の答え】

484号 2018/6/15

ひきこもりの「早期発見・早期対応」 その意味を捉え直してみませんか【不登校・ひきこもり相談員の答え】

483号 2018/6/1

弱い人間だからひきこもるの?【不登校・ひきこもり相談員の答え】

482号 2018/5/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...