不登校新聞

468号 2017/10/15

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

2017年10月13日 15:52 by kito-shin



 映画『男はつらいよ』のなかで、私が好きなのは、主人公の寅さんとおいちゃんがケンカをするシーンです。「出ていけ」と言うおいちゃんに向かって「それを言っちゃあおしまいよ」と寅さんが切り返すというのがお決まりのパターンです。

不登校にもタブーはある

 「それを言っちゃあおしまいよ」というのは、不登校にだってあります。「こんなことを言われてイヤだった」「これで子どもを傷つけてしまった」という事例について、不登校の子どもや親の話を取材してきた私の経験をもとに、いくつかご紹介します。

比較してしまうからこそつらい

 子どもたちの話のなかで、しばしば聞かれるのは「比較されてつらかった」というものです。

 ある子がその一例に挙げてくれたのは、「○○さん家の長男、推薦で大学が決まったんですって」という、夕食時の何気ない親の一言でした。

 これは『6歳で小学校入学』というように、年齢による横並びの意識が強い日本ならではかもしれません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...