不登校新聞

緊急号外(無料)

9月1日の子どもの自殺に思う 不登校経験者・恩田夏絵

2015年08月31日 11:44 by koguma

 

「学校に行かないことは逃げ、甘えなんだ」
「学校に行かないと幸せになれない」

そう、言われたことは、1度や2度ではありません。

小学2年生で
不登校になり

 私は小学2年生から学校に行ってません。何度も行こうとしてはまた行けなくなって、の繰り返し。自分は大人になっても、仕事をしたり、家庭を持ったりすることはできない、誰も私のことを必要としていないんだと、思っていました。学校というところから、何度も何度も「逃げました」。

 だけども、私は今、幸せです。
お金持ちではありませんが、毎日仕事をして、2年前に結婚(式)もしました。
大変なこともまだまだあるけど、それでも毎日生きています。

大人が正しい
とは限らない

 大人になった今わかることは、大人たちが話すことが正しい、とは限らない、ということです。ほんとに大事なことは、学校に行くことではなく、あなたがなにを好きで、なにが嫌いで、なににおかしいと思うのか、ということを考え続けることにあるのだと、私は思います。

 もしかしたら、近くにいる人たちは、あなたのことを理解してくれないかもしれません。でも世界はもっともっと広くて、たくさんの人がいて、色んな考え方があります。あなたのことを、愛おしく思う人も、あなた自身が、素敵だなーと思う人もいるはずなんです。

 そのひとたちにたどり着くために、学校に行かない選択肢をとることは決して悪いことではないです。

 どうかそこで終わらないで。
 
 逃げ続けて、生き延びて。
 
 ともに生きてゆきましょう。


国際交流NGOピースボート
グローバルスクール・コーディネーター
恩田夏絵
 
 

 

 

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...