不登校新聞

緊急号外(無料)

不登校経験者ら、動画を配信~こどものみんなへ 不登校の子どもの権利宣言

2015年08月26日 14:35 by kito-shin



 「不登校の子どもの権利宣言を広めるネットワーク」が動画「こどものみんなへ 不登校の子どもの権利宣言」を作成、WEB上で公開しました。ネット―ワークのメンバーはみな、学校外の学び場である「フリースクール」で育ってきた不登校経験者です。

「こどものみんなへ 不登校の子どもの権利宣言」(3分)
https://youtu.be/r3Njr6uvgZo

去年には、こんな動画も作成しています。
「学校のことを考えるのがつらいひとへ」(1分53秒)
https://www.youtube.com/watch?v=_M3RFKaamsE

休むことは、子どもの権利

休みたかったら、休んでいいんだ。

子どもが学校に行くことは、義務じゃない。

学校に行くために、命を削らなくていい。

安心できる場所が、必ずあるよ。

休むことは、子どもの権利なんだよ。

ネットワークメンバーからのメッセージです。
不登校を経験したからこそわかる「気持ち」があります。

夏休み明けを控え、学校のことを考えるのがつらいひとへ
向けられたメッセージ、ぜひご覧ください。

■不登校の子どもの権利宣言を広めるネットワーク
ブログ http://ameblo.jp/futoko-kenri2009-8-23/

※「こどものみんなへ 不登校の子どもの権利宣言」は
印刷用のPDFデータもあります。  
http://osu.pw/abzgb

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...