不登校新聞

212号 2007/2/15

教室に誰も来なくなる 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:22 by kito-shin



 昨年11月以降、いじめを訴えて命を断つ子どもの報道が相次いだ。マスコミが大きく報道し、全国的にいつでも、どこでも起こる可能性のあるいじめに起因した自殺を理解しようとする世論が広がった。理由を語らず不登校をし、閉じこもっていた子どもたちや若者たちが「じつは耐え難いいじめを受けていた」と語り始めた。「登校を拒否し、家を居場所にできたから命を断たずにすんだ」「親が受けいれてくれなかったら、自分は生きていなかったと思う」と子どもたちは語る。社会の理解が進むほどに、家庭の空気が和らぎ、子どもたちは心につくろった固い沈黙の衣をぬき始める、北風と太陽の物語のように。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...