不登校新聞

212号 2007/2/15

教室に誰も来なくなる 教育再生会議のココが問題

2017年04月20日 15:22 by kito-shin



 昨年11月以降、いじめを訴えて命を断つ子どもの報道が相次いだ。マスコミが大きく報道し、全国的にいつでも、どこでも起こる可能性のあるいじめに起因した自殺を理解しようとする世論が広がった。理由を語らず不登校をし、閉じこもっていた子どもたちや若者たちが「じつは耐え難いいじめを受けていた」と語り始めた。「登校を拒否し、家を居場所にできたから命を断たずにすんだ」「親が受けいれてくれなかったら、自分は生きていなかったと思う」と子どもたちは語る。社会の理解が進むほどに、家庭の空気が和らぎ、子どもたちは心につくろった固い沈黙の衣をぬき始める、北風と太陽の物語のように。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...