不登校新聞

212号 2007/2/15

最終回 親も叩かれて育った

2015年10月23日 16:49 by kito-shin


親の気持ち子の思い 最終回

 「言ってもわからないときは、1、2発ぶん殴ってもらっていいですよ」
 
 「先生が腰砕けだから、学級崩壊なんか起きるんです。歩きまわる子は叩いてもいいんじゃありませんか?」
 
 「叩くことはすごい効果があります。どんなに言ってもわからなかった子が、叩いたとたん、おとなしくなりました。学校も忙しいんだから、効果的にやらなきゃ進んでいかれないと思います」
 
 これは全部、親の立場の人の声だ。それも若い親たちの言葉。「子どもを殴らないでほしい」「殴る権利はない」「殴って育てるのは百害あっても、一利なし」など、さんざん語った後にこういう言葉が返ってくる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...