不登校新聞

621号 2024/3/1

「高校」に関連する記事

当事者手記 不登校が始まった日

◎編集会議の日は趣味の自転車に乗って20㌔を走ってくる、なかたくん 初めて親に「もう行きたくない」と言った日、何度か行こうとしたが「やっぱりダメだ」と思った日、「その日に見た景…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 380号 (2014.2.15)

当事者手記 高校5年目の春と担任の一言

私は高校が進学校で、そこに入ってから授業についていけなくなり、焦りから緊張や息苦しさ、不眠の症状が出るようになりました。当時、一つの授業がわからなくなると、すべてわからなくなって…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 379号 (2014.2.1)

第28回 受験間近なのに勉強しない

連載「孫の不登校」 うちでは、私の父と母が同居して、子どもが2人、夫とあわせて6人暮らしです。上の子が中3で、まもなく受験日を迎えます。上の子は、中2の4月より不登校となり、学…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 379号 (2014.2.1)

【公開】論説「高校無償化のかげで・・・不登校家庭に増す負担」

「高校無償化」が現実のものになりそうである。公立高校の授業料分、年約12万円、私立高校の場合も、公立と同じ12万円は助成し、あとの不足分のうち、一定年収以下の世帯には、計24万円…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 287号(2010.4.1)

声「学校外の学びを認めて」

4月からの高校無償化について、3月5日、川端達夫文部科学大臣あてに次のような手紙を出しました。 「私は、島根県松江市において、若者たちの居場所を運営しています。彼らは、さまざま…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 287号(2010.4.1)

声「どの子にも一律の支援を」

小学校4年生の10月から一度も登校したことのない長男が、この春、中学を卒業しました。高校には進学しませんが、これまで通り、好きな教科だけは通信教材を使って勉強を続けるそうです。小…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 287号(2010.4.1)

声「高校に行かなきゃダメ?」

民主党のマニフェストには、高校無償化の理由は「すべての子どもたちに教育のチャンスをつくります。社会全体で子育てする国にします」と書かれていました。 それが新聞によると、国籍によ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 287号(2010.4.1)

当事者手記 一日一日をていねいに

私が不登校になったのは中学2年の秋で、それから高校に1カ月通ってみて「ここはちがう」と感じ辞めてから、10年以上家ですごしてきました。4年前の夏にかわいがっていた愛犬が亡くなり、…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 301号(2010.11.1)

かがり火

中学3年生の不登校の子どもにとって、秋は、しんどい季節である。いろいろな人生のつくり方があると言われても、子どもの多くは、高校進学を考えるからだ。 親も、この機会に高校に行…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 301号(2010.11.1)

当事者手記 本当は治りたくない

進学校へ入学、高2で不登校小学3年生のころ、私は両親の意向で中高一貫の女子校を受験することになった。それに伴い、塾に通い始めたが、学校との両立は体力的に厳しく、また勉強も苦手だっ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 376号 (2013.12.15)

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/私の人生を生きる」

私にとっての通信制高校「私の人生を生きる」 (田子つぐみ) 親に頭を下げられ続け、私は何とか高校を卒業しました。私にとって本当に苦痛の日々で、空白の3年間と言えるものでした。卒…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 373号 (2013.11.1)

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/一生の友人を得て」

私にとっての通信制高校「一生の友人を得て」(PN.Y・Y) 私の場合、持病(強迫性障害)が悪化しなければ、けっこうふつうに楽しい高校生活を送り、ダラダラと大学まで進学していたの…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 373号 (2013.11.1)

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/期待とは正反対に」

私は「高校生活が始まれば生まれ変われる」と期待していました。高校生になった私は本気を出して勉強をしてよい生徒になり、自由な校風のなかで出会った気の合う友だちと、青春を味わうのだろ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 372号 (2013.10.15)

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/良くも悪くも普通の学校」

2度目の高校生活は、とても楽しかった。学校から徒歩30秒のところに「アニメイト」があり、オタクな私は同じ趣味の友だちと休み時間ごとに通った。 文化祭で私のクラスは甘味喫茶をした…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 372号 (2013.10.15)

不登校当事者連載「私にとっての通信制高校」①

文科省は今秋にも「不登校追跡調査」の結果を発表する。一部報道では「不登校経験者の8割が高校に進学する」とのデータが明らかになったという。進学については、子ども若者編集部でもたびた…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 371号 (2013.10.1)

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校」② P.N Y・Y

今回から通信制高校へ進学した不登校経験者・2名の体験記を時系列ごとに全3回の連載形式で掲載する。第1回は、通信制高校に進学するまでのこと。不登校をした後に高校に通うことについて、…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 371号 (2013.10.1)

不登校の歴史 第319回

初の高校生不登校調査 2005年は不登校に関する新しい調査が発表され始めた年でもあった。それは高校生の不登校の実態調査である。それまで文科省は1966年以来、長い期…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 319号(2011.8.1)

いじめ、高校生不登校増 文科省

文部科学省10年度学校基本調査 東北3県のぞく暫定値 8月5日、文科省が「学校基本調査」「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」を発表した。震災の影響で岩手、宮城…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 320号(2011.8.15)

【公開】当事者講演録「不登校・ひきこもりのプロセス」

不登校・ひきこもり経験から、相談機関を開設した丸山康彦さんの講演抄録を掲載します。 絶望の末の底つき体験本日は「不登校・ひきこもりのプロセス~点ではなく線で見る~…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 342号(2012.7.15)

かがり火

日弁連は今年秋のシンポジウムで子どもの尊厳と学ぶ権利の視点から日本の教育のあり方を問うというテーマを取り上げるとのことである。ある公立高校の女生徒の相談事例はまさにこのテーマだ。…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 337号(2012.5.1)

バックナンバー(もっと見る)

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…

618号 2024/1/15

不登校の子どもを持つ親との面接を長年続けてきた、臨床心理士の田中茂樹さん。たく…