不登校新聞

524号 2020/2/15

「多田元」に関連する記事

安保法案、大半の専門家が憲法違反を指摘 多田元

かがり火  本紙が届くころ、まさに国会では安保法案の強行採決が目前に迫っているのだろう。政府与党が数の力で推し進める国会内の情勢と選挙民の意識とのあいだの裂け目は広がるばか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 418号 2015/9/15

かがり火 選挙権引き下げ、だまし絵のように少年法も

選挙権をもつ年齢を20歳以上から18歳に引き下げる公職選挙法などの改正が行なわれた後、自民党「成年年齢に関する特命委員会」で少年法の適用年齢を現在の20歳未満から18歳未満に...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 415号 2015/8/1

かがり火 いじめが生まれる温床

ひとりの小学生が母に伴われて相談に来たときに、ぽつりぽつりと話してくれた。学校に行かなくなっていくときの自分自身の気持ちについてである。両親は担任教師がその子を強く叱った言葉...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 412号 2015/6/15

かがり火 多田元

全国不登校新聞社が『不登校新聞』の名で5月創刊号が生まれて5月1日で18歳の誕生日を迎えた。筆者は草木の緑が光る五月晴れの季節が好きだ。憲法記念日、子どもの日と続くゴールデン...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 409号 2015/5/1

川崎事件緊急企画 子どもの『非行』どうすれば?

連日報道される川崎市中1殺害事件。読者から「子どもが深夜に出歩く」「親がまったく知らない人たちと関係を持っている」などの相談が編集部に寄せられている。子どもの「非行」、どう考...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 406号 2015/3/15

かがり火 多田元

川崎市で中学1年生男子生徒が殺害された事件で18歳少年らが逮捕され社会に大きな衝撃を与えている。あどけない表情の被害生徒の写真を見ると本当に心が痛むのは誰しも同じであろう。 ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 406号 2015/3/15

かがり火 多田元

今年の成人式は阪神・淡路大震災から20年にかさなり、震災の破壊と混乱のなかに生まれ、成人を迎えた若者たちに焦点があてられた。また、この震災で人々が支えあい、助けあった絆のちか...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 403号 2015/2/1

かがり火 多田元

1998年5月『不登校新聞』創刊から16年、本紙は通算して400号に到達した。休刊の危機を乗り越えての記念号だから、今更ながらに感慨深い。  とりわけ、今年はノーベル平和賞...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 400号 2014/12/15

かがり火 多田元

10月10日、ノーベル平和賞がパキスタンの17歳マララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サティヤルティさんの共同受賞とされたことには力づけられた。かつて佐藤栄作に授与され...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 397号 2014/11/1

不登校の法的な権利 弁護士・多田元

今夏に浦和で開催された「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会」の講演抄録より、弁護士・多田元さんの講演料録を掲載する。 講演抄録「不登校、どう考えたらいいか」  私は一...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 395号 2014/10/1

かがり火 多田元

第25回「登校拒否・不登校を考える全国大会」は、たくさんの子ども・若者・親たちが和気あいあいに集い、私もパワーを充電してもらった。  なかでも96歳でひときわ若々しく精気を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 394号 (2014.9.15)

対話で解決するいじめ 多田元

◎かがり火  愛知県弁護士会の子どもの権利委員会は小・中学校でのいじめ予防出張授業の試みを始めた。 学校から依頼があると弁護士がチームを組んで出前で授業をする。  授業で...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 391号 (2014.8.1)

Q&A「家庭訪問は断れる?」

Q.子どもが不登校状態になったら、担任などの教師が家庭訪問をしたい、と言ってきます。子どもはイヤがって部屋から出てこず、対応に困っています。先生による家庭訪問や面接は断ること...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 251号(2008.10.1)

かがり火 多田元

大阪府の浪速少年院にドーナツおじさんの逸話が本になって伝えられている。 戦後、飛行機で宣伝ビラをまく仕事で事業に成功した山下さんが飛行中、自分が少年時代にえん罪により収容...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 251号(2008.10.1)

かがり火 多田元

「ひきこもり支援」の名目で保護者から多額の料金を取り、子どもを虐待していた実態が明るみに出たのだ。親の悩み、無力感につけこみ、もっとも苦しんでいる子どもを暴力的に支配して虐待...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 254号(2008.11.15)

Q&A 「深夜はいかいで補導?」

Q.現在、16歳の長男は中学校で不登校をして、高校に進学してすぐに中退し、この頃は昼間寝ていて、夕方から出歩いて朝まで帰らず、先日は繁華街で警察に「深夜はいかい」で補導されて...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 255号(2008.12.1)

かがり火 多田元

08年を表す漢字「変」は、アメリカのオバマ次期大統領のチェンジでもあるが、逆に「ヘン」なことが目立つ年でもあった。  まず、支持率の低い首相が世紀の大不況のなかで方向性も見...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 257号(2009.1.1)

かがり火 多田元

立春が過ぎ学校がいっせいに卒業式を迎える3月が近づくと義務教育とは何だろうと考えさせられる。  中学校を卒業した思春期の子どもたちが、9年間義務教育を通じて何かができる自分...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 260号(2009.2.15)

Q&A フリースクールが近くにないです

Q.15歳の息子が、中学校3年生の夏から学校に行かなくなり、中学卒業後も高校には進学しませんでした。まわりにフリースクールなどもなく、通える居場所がありません。同世代の子と会...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 263号(2009.4.1)

かがり火 多田元

3週間ほど前から腰痛で、仕事に急ブレーキがかかり、整体師の治療を受けている。長時間のドライブやパソコンでの作業、睡眠時間を削る日常は、「腰に悪いことばかりだね」と整体師の先生...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 263号(2009.4.1)

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...